読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空に虹が架かる時、私は君たちを思い出さずにはいられない

毎週水曜日のジャニーズWEST公式連載なにわぶ誌と共に更新したい気持ち。

わたくしごと。(ジャニオタと冷め期)

ジャニオタと○○

「ご報告」するほどでも「お知らせ」というほどでもないのだが、自分の頭の中を整理する意味で記事を書こうと思い、「わたくしごと」というタイトルに落ち着いたこの記事だが、『結婚します💍』とか『担降りします』とかそういう大層な内容では無い。

 
約1年前は「担降りなんてありえない!!こんなに可愛くてカッコよくて魅力に溢れた素敵男子から離れるなんて頭がおかしい!!!!」と、逆に私の方が頭がおかしくなったと思われるであろう熱量で自担を見つめていた。
しかし今はフラフラ〜っと自担と財布を行き来して、現実からの私への猛アプローチはジャニーズ事務所の追随を許さない。あゝしんどい。
結論だけを言うのであれば、これはいわゆる冷め期なのだと思う。
 
『私ってまだジャニーズWESTのことすっごくすっごく好きだよね?』と自分に問いかけて、好きの余韻に浸ってるだけじゃないのか?いやもちろんジャニーズWESTは好きだ。自分自身と同じくらい好きだ。そのはずだった。数ヶ月前から出演情報を追うのが億劫になって、でもラジオは所々だけれど聴いていたり、なーんかわかんねーなーと仕事中思う。仕事しろ自分。
『私は自担が好きだから追わなきゃ!全力で邁進しなきゃ!』という義務感と戦い続けるジャニオタって凄い。悩んでいる間に、やっと客観的にジャニオタというものを見た気がする。私ってこんな風に狭い中で必死で身動きしてたんだなあと思う。ジャニーズの四面楚歌に遭っていた時は「ここは海!広い!」と頭の中で人魚の如く泳ぎ回っていたイメージで、まるでVRマシンを装着している状態であった。分かりづらい例えかもしれないが、私にとって盲目のジャニオタは夢を見ているのとはまた違って、ゲームをプレイした内容と時間はデータとして残るように、仮想の中に残存する時間経過のリアルとチケットの半券等が目覚めた自分を殺しにかかる。現場でファイトしていたのがいつの間にか自分自身とファイトしなくてはならない。全員が全員そうという訳では無いだろうが、少なくとも私はそうだ。好きな人に会うためにお金の計算をして交通網を調べ上げて、その後は空き時間の有効な使い方を考える。そんな事がストレスになってきた。好きな人に会うまでの道のりにストレスが多すぎてなにもかも投げ出したくなった、それが今なのだと思う。
多趣味の私は、ファッションが二昔前の流行りが現在の流行りになるのと一緒で、マイブームが収束した半年後にまた好きになる傾向がある。周期はバラバラなのだが、その傾向から言って決してジャニーズオタクを辞めたわけではなく、好きが下火になっただけの冷め期なのであるという結論を自分で出した。
 
Twitterは少し更新するだろうし現場だって行くと思うが、心に余裕が出来てまた一年前のように楽しめるようになったら良いなと思う。
 
最後に、頑張れ現役ジャニオタ。