読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空に虹が架かる時、私は君たちを思い出さずにはいられない

毎週水曜日のジャニーズWEST公式連載なにわぶ誌と共に更新したい気持ち。

ジャニーズWESTデビュー2周年

昨日、2016年4月23日でジャニーズWESTがデビューして2年が経った。2周年だからと言って何か言うことも無いが、よく記念日を忘れる私にとって覚えているこの記念日は特別なものだ。

いつも幸せを受け取っているだけの私が「いつもありがとう。大好きです。」と精一杯の思いの丈を届けられる、1年の中で数少ない日だと思っている。
今年行われたツアー・ラッキィィィィィィィ7のオーラスの最後の照史くんの挨拶。
「ファンのみんなからいつも『ありがとう』って言われるけど、俺らの方がありがとうやし…」
というようなことを言っていた。(この挨拶のレポが見つからなくて本当に言ったのか不安しない)
照史くんの挨拶の常套句と言っても過言ではない言葉に、不意に泣きそうになった。いや、泣いてしまった。それはこのツアーの最後の照史くんの締め挨拶だからだったのかもしれないし、こんなことを言う彼に「ありがとう」をもっともっと届けたいと思ったからかもしれない。私はジャニーズWESTからたくさんの想いを貰って、たくさんの経験をさせてもらった。今も更新し続ける愛おしい感情は、きっと誰も干渉することは出来ない最高で最強の感情なのだ。

WESTのおかげで地理や交通機関にある程度強くなったし、一緒に楽しめる友達だってできた。その他にも色々なことが出来るようになって、純粋に彼らは私の世界を広くしてくれたんだと思った。このまま宗教があったら入りそうな勢いではあるが、私の世界を“変える”のではなく“広く”してくれた。朝起きて学校や会社に行きたくない時、終わったコンサートの事を糧に今日も1日頑張ろう!と思えるのであれば“変えた”ことになるだろうが、ほとんどの人がそう思えないのが事実だ。だが彼らは宿題してないけどまあ学校行って怒られたらいいかとか、上司腹立つけど明日は笑顔で接してやろうとかそういう風にみんなの気持ちが軽くなってくれれば良いと言う。その言葉に、低血圧の私は毎朝背中を押してもらっている。


デビュー2周年。
これから私はジャニーズWESTに今よりも高くて大きくて、そして史上最高に綺麗な景色を見せてあげたい。ファンのこういう思いを知ってか知らずか、彼らは「もっと綺麗な景色を一緒に見てください」とか言って私を泣かせる。どこまでも私たちを一緒に連れて行ってくれるんだなあと思う。
まだまだ背中を押せていない、そんな自分の不甲斐なさを感じながら、今日からも一人前のファンになれるように一人前のアイドルになろうとしているジャニーズWESTを応援する。

3年目も全力で突っ走っていきましょう。

永瀬廉と平野紫耀(なにきん・キンプリ問題)

(1月時点での記事内容になります)
 

去年の夏頃から加熱した なにきん(なにわ皇子・Kin Kan) と キンプリ(Mr.King VS Mr.Prince) 問題であるが、収束しつつあるこのタイミングであえてこの問題について考えてみた。

 
関西担の私はどうにも永瀬廉平野紫耀を贔屓してしまう傾向にあると思われるので、そこを許容してこの記事を見て欲しい。
 
 
私はなにきんとキンプリのどちらが良いなどと決めつけるのは良くないと思っていて、きっと紫耀廉もその白黒をつけるのは望んでいない。関西は関西の良さがあるし、東京には東京の良さがある。
ファンが「関西に戻って欲しい」と言うのは勝手だが、私は戻るということは『干される』という解釈と等しいと考える。余談だが小瀧望がラジオでボソッと呟いた「(紫耀廉に関西に)戻ってきて欲しいなあ」という言葉はとても無責任で、同じユニットだったメンバーの不安とか覚悟とかそういう事を考えた結果がそれか、と思ってしまった。
今までは関西Jr.の前線で活躍してきたジャニーズWESTがデビューして、関西Jr.の新しい顔(トップ)として2人は約1年間活動した。その時点でも2人ともエリートと言われる道を走り、今だって活動の幅を全国に広げてエリート街道を突き進んでいる。つまり関西のトップから更にステージアップして事務所からゴリ推しされているのだ。舞台『JOHNNY'S WORLD』(′15~′16)もKingの推され感が強すぎて、一部では Kingのための舞台 なんて言われている。
紫耀廉の2人が関西に戻ると干されるという解釈になるのは、関西Jr.が東京Jr.に劣っているとかそういう話では無く、関西ジャニーズの活動の幅に限界があるという話だ。元々メディアへの露出が少ないというのがあるが、主な活動拠点である大阪の位置が西日本のファンの多さと東日本のファンの少なさに関係している。おかげで『関西』というだけで活動が制限されたり、高いバラエティ力を要求される。そこに戻って今と同じくらいの仕事が貰えるかと言えば、答えはNOであろう。特に今はギャン末(funky8)や14年組など前に出されはじめたJr.が多い。もっと言えば、紫耀廉を東京に進出させて停滞させていたギャン末やちびジュを前に出せたのに、今2人を関西に戻して前に出したJr.を一気に大勢後ろに下げるという勝負を果たしてジャニーズ事務所がするのだろうか。そんなことをしたらお兄ちゃん組は辞める人が続出してもおかしくない。WESTが抜けて薄くなった層がもっとペラペラになってしまう。
舞台『少年たち 世界の夢が・・・戦争を知らない子どもたち』(′15)の公演前に西畑大吾がブログで「この夏は関西の正念場」と綴っていた。その意味をなにきん担は理解しただろうし、他の関西担だってこの言葉を噛み締めた。大ちゃんや他の関西Jr.の半端では無い覚悟が想像出来たし、私を含む関西担はその覚悟を雑誌などの媒体を通してでも見届けなければならないと感じた。
話が逸れたが紫耀廉が関西Jr.に戻るというのは実際問題厳しい。現在東京で生活している廉が関西Jr.のみの活動というのも難しいし、その点を考慮した事務所が廉以上に推していると言っても過言では無い平野をこれを好機と一緒に東京に進出させてきた。こういう形で進出させて前線に置くということは、これまで推されてきた東京Jr.をも凌ぐ扱いであり、事務所としてもゴリ推しをする気満々なのである。
ただ干されるというので一番最悪なパターンは、平野は名古屋Jr.なので関西に戻れるとしても、廉は東京在住という理由で東京Jr.の中で干されるパターンだ。それはなにきんとキンプリのファン、どちらも望んでいない対応ということは間違いない。これを考えると、なにきん・キンプリ問題で揉めている場合ではないのかもしれないという気がしてくる。
 
 
テレビ朝日六本木ヒルズ夏祭り「SUMMER STATION」で発表されたユニットMr.King VS Mr.Princeに焦点を当ててみると、期間限定と言いながら継続発表したにも関わらず、現在の活動はKingとPrinceに分かれている。というか分けられているという方が正しいのかもしれない。Kingの推され方とPrinceの干され方は顕著であり、こんな場所にまで派閥争いというものが絡んでいるのかと正直呆れた。キンプリ結成時のデビュー騒ぎは何処へやら。テレ朝の特番(個人的にはジャニーズメドレー以外とてもつまらなかった)に果たして何の意味があったのか。
PrinceもKingと同じように少年倶楽部でのソロがあるが、Kingに比べるとやはり圧倒的にメディアへの露出が少なく感じる。元々神宮寺と岩橋は好きではないのだが(嫌いということでもない)、だからといって飯島のお気に入りという理由でPrinceが干されてKingのみが推されることは受け入れがたい。でも現にジャニワは出演していないし、「もう1人加入させるなら?」と岩橋(神宮寺も?)から名前が挙がった岸くんは派閥はあまり関係無かったらしい人選だったので、『黒崎くんの言いなりになんてならない』の撮影やらで露出が少なかった言い訳が出来る。岸くんは端で踊っていた時代から、運も味方して順調に前線あたりを舞ってるというラッキーボーイだ。
しかしながらじぐいわは一度あからさまに干される必要があると思う。東京Jr.として紫耀廉に引けを取らないエリート街道を歩いてきた為か、トークの面ではとても消極的。滝channelにアップされたキンプリとしてのクリエ開演前のバクステトークの動画では、紫耀と廉しか喋っていなかった。編集があったとはいえ、話そうという気持ちが見えないじぐいわに『コイツらやる気あんのか、仕事しろ』と苛立ちを覚えた。それは私がトークと笑いを重視してしまう関西担だからなのかもしれないが、どうにも思いを抑えられなかった。勿論アイドルは歌や踊りなど、己を魅せるパフォーマンスが出来ていればそれで良いというファンがいるのも知っている。だが今やアイドルはステージ上のパフォーマンスだけでなく、バラエティー番組やドラマ・映画、もっと言えばキャスターや作家など様々な方面で活躍している。ほとんどのJr.がジャニーズという大きな組織の中でどうすれば生き残れるのか、続く街道が途切れて奈落に落ちた時にどう這い上がるのか、否が応でも考えなければならないだろう。気象予報士の試験に合格した阿部亮平岸本慎太郎も、臨んだ理由はそれぞれであろうが多くのメディアに取り上げられて、結果的に他のJr.には無い武器を手に入れた。ダンスも歌も特別上手い訳では無いPrinceには何があって、どうしてJr.の中で上位の人気を獲得しているのか、私はずっと考えている。
 
以前雑誌のインタビューで平野が関西のことは引きずっていないというようなことを言って軽く物議を醸したが、タレントは目まぐるしく動く世界で前を見据えて進まなければならなくて、止まっているのは私たちファンだけなのかしれない。私たちの見えない所で怒られたり、鏡に向かって練習したり、泣いたり笑ったり、その上でステージに立っている彼らの道程に誰が意見できよう。紫耀廉が東京に進出したのをきっかけに担降りしたファンがいたであろうが、進む彼らの背中を押せるファンが残ったり、新しく増えたりしていることにWEST担の私は軽率に感動している。ここまで来たことは間違いではないと、そう言っているような気がする。
なにきんとキンプリ、どちらが良いということではなく、その時その時の彼らが良いのであって、比べてしまうのは浅はかで苦しさしか生まないのかもしれない。

『いなくなる』って。

下書きに放置したままだったこの記事であるが、どうにも最近また『辞める』とか『退所』ということについて考えることが多くなった。いや、以前より突然表舞台からいなくなってしまうJr.なんてざらにいたのだが、数週間前に生放送されたベストアーティスト2015(以下べスア)のKAT-TUN田口淳之介のグループ脱退、事務所退所の発表にはこれまでにないくらい衝撃を受け、気持ちの整理も追いつかないまま泣いてしまったことが、更に考えさせられる要因となった。

『退所』という事実に関して、Jr.はじわじわと知れ渡る(というかファンが察する)ことが多いが、今回はデビュー組で尚且不祥事以外での脱退という珍しいケースである。ただどうなんだろう?べスアでの発表は最善であったのだろうか?正直私はその後の放送は気持ちが重くて涙は止まらないし、自担であるジャニーズWESTの「All my love」はほとんど記憶に無い。Twitterでは、櫻井翔がKATーTUNが後悔しないように(?)「責任は俺が取るから!」と裏で強く言って、今回のベスアでの発表になったという話も見かけた。その話の真偽はどうであれ、私はその後の放送は極めて楽しめなかった。そしてハイフン(KAT-TUNのファンのこと)と田口担の方の反応を見ることと、いつか担当グループから誰か脱退するのではないかと想像することが怖くて怖くてたまらなくなった。

私がそんな怖さに震えている中、ジャニーズ事務所の公式ホームページで事務所とKAT-TUN一人一人のコメントが掲載された。このコメントには読み手それぞれに思う所があると思うが、私は事務所のコメントに「最悪解散も有りうるぞ」という深読みをせずにはいられなかった。僅かでもある可能性を安易に否定出来ないのは分かるが、これではファンの不安を煽る一因となるのではないかと思った。一番重要であるメンバーのコメントに関しては、説明不十分な気がした。いや十分と言えば十分であるが、なにか物足りなさを感じてしまのは、きっと脱退・退所の具体的な説明がないからなのだと気付いた。田口以外のメンバーは、理由を自分達が口にするのは筋違いだと思った上でのコメントであろう。だが当事者である田口本人は説明する義務、といえば語弊があるが、説明する責任は確かに存在すると外野である私は思う。いや、外野だから思うのかもしれない。私から見たKATーTUNは、メンバー2人の脱退で4人になった彼らの背中を、ファンが「後ろには倒させない。もし倒れることがあったとしても前に。」と、前進して次に繋げられるように後ろを守っているイメージである。デビュー当時は「俺達についてこいよ」全開の彼らに黄色い歓声を上げながら後ろをついていっていたファンが、わずか数年でファンもメンバーの一員という意味から呼ばれるようになったKATーTUNファンを意味するハイフンという呼称に相応しくなったと感じる。そんなファンに対して田口はどういうつもりなのだろう、という怒りさえ湧いてくる。

一方、突然の発表によるファンの戸惑いと説明不足の不満を感じた亀梨は、ファミリークラブにプライベートで現れ、訪れていたファンひとりひとりと握手して言葉を交わしたらしい。そこで、来年にKATーTUNのツアーがあるから来て欲しい、とか、これからも応援してね、と3人体制のKATーTUNに対して前向きな発言をしたという。田口がいなくなることは変わりないからせめて自分が出来ることを、という行動だったのだろう。亀梨の公式コメントやマスコミへのコメントには、「なぜ今なんだろう」「悔しい」という言葉があった。私は亀梨から出たこの言葉に強く共感した。

田口の退所理由は様々な噂が立っているが、真実は本人やその周りの近い人しか分からない。しかしながら当の本人は話す気は無いようで、たまに出る彼のドライな部分をあからさまに感じる。それでも田口担を筆頭とするハイフンは今まで彼にかけた時間とお金を否定することはしないだろうし(というか出来ない)、これからもほとんどのファンはハイフンを続けて、担降りしたとしてもジャニーズと離れられずに今までと同じような生活を営んでいくことだろう。結局ファンがしてあげられることや自担から受け取ることが出来る情報には限りがあって、その中で矛盾や心中の葛藤と戦って今回のことを受け止めて、田口を送り出してあげるのだろう。
果たして私に置き換えたとして、私は笑顔で自担を送り出せるのだろうか?




昔見た漫画に私の好きな言葉がある。
誰かが居なくなるってことは誰かが存(い)てくれるってことと同じくらいでっかいことなんだ  /  漫画「赤髪の白雪姫」第2巻収録読み切り作品「僕らをつないで。」より)
幼い頃は難しかったこの台詞も、今ならなんとなく分かる気がする。

当落メール

ジャニーズWESTコンサートツアー2016。私はこの当落メールを昨日から待っている。いや私だけではなく、応募した人全員が事務局へのイラ立ちを隠せずに当落メールを待っている。

タイムラインに流れる「メール来てなかったらRT、メール来てたらふぁぼ」なんてツイートも見飽きてしまった。おかげで時間と気持ちを持て余した私は、こうして書く内容も無いままブログを更新しようとしているのである。
 
私は当落メールの配信開始日前日から緊張で吐き気を催してしまう質であり、今回も例外ではなかった。仕事中だというのに頭の中は当落メールでいっぱいで、いつも以上に仕事をした記憶が無い。
 
兎に角アルバム発売も決まって通常版2枚と初回限定版1枚を予約してしまったので、予算組み直しのために早く当落メールが来て欲しい。
 

 

追記

イラ立ちにより意味不明なアンケートをしてしまったので本当に早くしてください出来れば当選メールお願いします。

 

ジャニオタと家族

 

私がジャニーズ好きになってから、リビングのテレビに限定したことだが毎週水曜日の夜8時からのテレビ権は私にある。
 
現在父と二人暮らしであるが我が家にはテレビが3台ある。この話をすると10人が10人とも「なんで?」と聞くが、私も意味不明だと思っている。私には姉が1人いるが、彼女が嫁いだ後に設置したので益々意味不明だ。ただテレビ1台とHDD2台を自分の好きに使えるので、容量の心配がないのが嬉しい。
 
兎に角競争率の低いテレビ権を獲得・行使して、夕飯を食べながらリアルタイムでザ少年倶楽部を視聴している。私はテレビに対して独り言を呟く(むしろ叫ぶ)癖があるのだが、そのせいで父が少しずつ名前を覚え始めている。名前を覚えると言っても勝手に別の名前や特徴で呼んでいるだけなのだが、説明しようもないので実際に覚えた何人かを挙げよう。
 
 
我が父ながら本当にひどい。特にA.B.C-Zには全力で土下座したい。もはや芸人の名前である。
 
ただきちんとした名前を覚えている場合も最近増えつつある。覚えているのが下の人である。
 

橋本良亮のことははっしーと呼んでいたと記憶している。私の呼び方も初期からはっしーであったためその呼び方がそのまま移ったのだろう。愛称といえば上に書いたチャンカワイと呼んでいた河合郁人のことを、最近はふみきゅんと呼んでいる。それも私が最近彼に魅了されて、初シングルCDだからと自分に言い訳して「Moonlight walker」を初回限定盤A以外を購入し、テレビの前で彼が映る度に「ふみきゅん!ふみきゅん!!」と愛称を連呼していたからだろう。余談だが特典DVDのドキュメンタリーのふみきゅんと菊池風磨の絡みは完全に俺得だった。

 

私が把握しているのはこのくらいだが、父の中では「顔は見たことある」とか新規ジャニオタの私のようなことを思っているに違いない。娘の勘である。

しかし顔を覚えていても名前が読めないようで、平野紫耀は数日前も読み方を聞いてきた。以前も何度か しょう と読むのだと教えたが「読めねえよ」と疲れた表情をしていた。正直私も読めなかった。同い年のゴリラ・ゴリラなのに何故こんなに読めないのかと頭の中が混乱したほどだ。私と父は紫耀が読めなかったが、彼はANOTHERが読めなかった。Kin Kan*1キットカット事件(説明が面倒)と同じで、何度でも蒸し返したい。なにが あのねー なのか。愛しすぎて殴りたくなる。

そんなこんなで私がテレビ権を獲得した代わりに、いい歳をした父がジャニーズに詳しくなりつつある。だが悪いことではない。むしろ良い傾向である。私がジャニーズの出演している番組を見ても何も言わなくなった。決して父は番組を見ているわけではなく、ほとんどアプリゲームをしているのだが、たまにテレビ画面に映っているJr.の名前をぽつりと言い当てる。多少の恐怖すら感じる。

この話を姉にすると「ジャニーズの番組しか見れないお父さん可哀想」と言って笑う。

思い返せば姉も昔からジャニーズ好きだ。私がまだジャニーズに興味の無かった時に、関ジャニ∞のコンサートDVDや屋良くんの出演している何かの映像を見せられたりした。おかげで非ジャニオタであった私(当時中学2年)は、A.B.C-Z(特に戸塚祥太)やMis Snow Man(特に真田佑馬)を覚えさせられたものだ。そして過去を振り返ると姉もDDなのだ。家には関ジャニ∞の他にKATーTUNのコンサートDVDもあった。よく「入口出口田口で〜すはヨコ(横山裕)が考えたんだよ」と私の頭に刷り込んでいた。ただ一番好きなのは関ジャニ∞のようで、一緒に美容院に行った際には「たっちょん(大倉忠義)の髪色にしたいんですけど」と大倉くんの画像を見せたほどだ。あれは今思い出しても本当に恥ずかしかった。2013年に行われた、関西Jr.の全国ツアーの中間淳太くんの髪色がとても好きな私でもそんなことは言えない。当時の髪型も好きだったのだが、今はボブとかいう偽物の栗になってしまっている。ジャス民*2の評判が良かったかららしいが、何度も見ていると「あれ?なんだこの漂うオネエ感は」という気持ちが湧き出てくるのは私だけではないはずだ。

話が逸れたが、結局姉妹揃って関西ジャニーズが好きなのだ。東北に住んでいるが、東京ならまだしもさらに遠い関西に遠征なんてそうそう出来るものではない。その悔しさを姉と共有しながら、日々DVDを見て心を癒しているのである。

 

改めてこのブログを書いてみて、ジャニオタは自担に対して熱量が大きい分、自身の家族に影響を与えるものだと身を持って感じた。

とりあえず私は7日に発売される羊魂*3のDVDと、24日のえび座*4を楽しみに仕事に勤しむとしよう。

 

*1: 関西ジャニーズJr.内ユニット。メンバーは向井康二平野紫耀、金内柊真。平野の東京での活動、金内の退所などから自然消滅となった。

*2:ジャニーズWESTのファンの呼び名。ジャスミン花言葉は「私はあなたについていく」。

*3:正式名称「ジャニーズWEST 1stコンサート 一発めぇぇぇぇぇぇぇ!」は2015年1月(年始)に行われたジャニーズWESTのコンサート。

*4:正式名称「ABC座2015」は2015年10月に行われるA.B.C-Zの舞台。

ジャニーズWESTの第一印象

 
 

初めての記事は何を書こうか迷った末に、初めて繋がりで、担当のジャニーズWESTの第一印象を書くことにした。

 
 
 
 
初めて彼らを知ったのは2013年の10月頃だった。私は余程のことがない限り運命というものは信じない質なのだが、今思い返してもあれは運命だった(良いか悪いかは言及しない)。
 
 
普段は見ないNHKにチャンネルが設定されていて、ながら見していたドラマ『真夜中のパン屋さん』がとても面白くて釘付けになった。
エンドロールの桐山照史という文字の下に関西ジャニーズJr.。ちょっとした興味だった。
 
このよく見たことのある関西顔がドヤ顔で歌っているのが見てみたい。(荒んだ心の象徴のような思考である)
 
すぐにYouTube桐山照史と検索した。トップに出てきた、ザ少年倶楽部in大阪の関西Jr.メドレーの動画を押す。
 
 
あとはお分かりだろう。
自分でもとても分りやすくジャニーズ事務所に引っ掛けられたと思う。
 
 
 
 
ほとんどのメンバーはその動画が初見だった。
さて、1人ずつ第一印象を紹介していこう。
 
 
 
 
多分ごくせんが初見。しかし記憶は無い。
照史くんを検索してヒットした動画で、私のツボを見事抑えて関西担へ引き込んだ人。ただただカッコいい。妖艶。この時の髪型髪色が好き。
 
 
 
〇濵田崇裕
いつの間にかいた人。誰かが馬面と言って認識した。最初麒麟の田村に似ているとは思わなかった。なで肩。
 
 
 
ごくせんが初見。顔濃いなあああああ。ザ関西人。
余談だが2回目に見たのは、姉に見せられた少クラin大阪のJr.コーナーである。
 
 
 
イケメン。なんだこの輝く笑顔。イケメン。
心の全てをかっさらわれたような気持ちになった。
声は変だと思わなかったが、デビューしてから声が高いと言われて気が付いた。
 
 
 
雰囲気がジャニーズっぽい。
 
 
 
鷲鼻。流星って名前凄い。
 
 
 
重岡とはまた違うイケメン。
背が高い。年齢知って背中が寒くなった。
 
 
 
 
 
神ちゃんと流星の印象の薄さの理由には心当たりがある。
 
メドレーの7WESTターンで重岡の大毅くんがおらず、小瀧がセンターだったため左右に意識が行き届かなかったためと思われる。
 
ついでに言うとメドレー動画の後に7WESTが『Sing for you』(玉森、宮田、千賀)をカバーした動画を見たのだが、重岡は7WESTのメンバーでは無いと思っていたためとても驚いた。
要するに濵田崇裕 with Veteranの濵ちゃんと同じ扱いだと思っていた。(中山優馬w/7WESTとも同)
 
 
 
私は大概他人への興味が薄いので初見を覚えている方が珍しい。
自分の興味で見たということを差し引いても、彼らの雰囲気が覚えさせているのだろうかと錯覚してしまうほどよく覚えている。
 
 
 
 
誠に勝手ながら飽きてきたのでこの辺で終わらせようと思う。
 
今日は小瀧単独初主演のMORSEのホームページもリニューアルしたことだし、長々と書いてきたがこの小瀧を見ると(元々どうでもよい記事ではあるが)どうでもよくなってくる。
f:id:sugarJWEST:20150925215634j:image
 
来週からは照史くんが出演するNHKの朝ドラ『あさが来た』が放送開始されるので、それも楽しみだ。